アウトプットの為には動画がおすすめ

2020年10月29日

おはようございます。はんざきです。
ビジネスを行うにはインプットも必要ですが、それ以上にアウトプットが重要です
アウトプットの方法には
・記事を書く
・人に話す
・実際に実践する

などが主なアウトプットの方法になりますが、この3つを同時に行えるのが動画です

なぜ、動画なのか?

アウトプットには書く・話す・実践するの3つがあります
この3つを動画の制作する、ロードマップで解説すると

企画

動画を制作する前に、誰に・どんな動画を・何のために、どうしてほしいのか、など情報を発信するターゲットを選定します
マーケティングの勉強をされている方は、ここでいかに視聴者にささる企画を作り出せるかというアウトプットを出していき、
自分の知識はどう作用するのか、どこまで通用するのかという挑戦です

構成

ターゲットが決まったら、どういった動画の構成にしていくのかを考えていきます
ブログで例えるなら文章を書く前の骨組みの部分になりますので、何を伝えたいのかをはっきりさせる必要があります
ビジネスなら説得力のある構成。エンターテイメントなら起伏のある構成など、視聴者を飽きさせないような工夫が必要です
PREP法や序破急などの文章テンプレートを参考にして構成・台本制作していきます、ビジネス系の動画を発信するつもりなら、インプットした内容の披露の練習の部分になります

撮影

撮影をする時は台本を使用すると思いますが、ずっと台本通りだと面白みがなく、視聴されている方達も「なんか、面白くない」「人間味が感じられない」と思ってしまうことがあります
これを、防ぐにはあえて台本から外れて自身の経験や失敗談。また全く関係のない話題などをアドリブで入れていくこともありです
ですが、最初の頃はうまく話せないと思うので、まずはカメラの前で緊張せずに喋れるようになったらぜひ試してみてください
意外と喋るという行動は頭を使うので、トークスキルが徐々に磨かれていきます

まとめ

ビジネスの勉強をしていてインプットしても、時間が立つとどうしても忘れていきます
知識を定着させるためにはアウトプットをが重要で、動画という媒体はとても便利なので活用していきましょう