ゆっくり実況動画の作り方

おはようございます。はんざきです。

ライティングの練習がてらゆっくり動画を制作しているのですが、中々難しいですね。動画制作自体がほとんど経験がないので勝手がつかめず四苦八苦しています。

自分用の備忘録として、ゆっくり実況動画をどう作っているか書き留めていこうと思います

台本作り

ゆっくり動画を制作するにあたって、まずは台本を作ります。ライティング練習もありますが、ゆっくり動画には台本が必須です。

台本があるとないとでは、後の制作効率が格段にちがいますし。動画の内容が脱線しないようにするためです。台本は大事。絶対。

台本の書き方

台本はブログの記事のように、最初に見出しなどの大枠の構成を作ってから書きます。この辺りは通常のWEBライティングと同じですね。

自分が作っている動画は解説動画なので、テーマについてリサーチをして要約を作ります。要約は書き出しても良いですし、頭の中で形を作るだけでも良いでしょう。

ある程度、形ができたら後はセリフを書きこんでいく作業ですね。ゆっくり系は茶番が多いのである程度意識して掛け合いを作る必要がありますが、まだまだ自分はうまく書くのは難しい。

編集ソフトはゆっくりムービーメーカー4

編集ソフトはゆっくりムービーメーカー4を使っています。ゆっくり系の動画を作るならほぼ必須。エフェクトやアニメーションを使った凝った動画を作りたいならアドビのプレミアムプロなどの市販ソフトが良いですがそんな凝った動画にしないならはコレ一つで十分。

一応ムービーメーカーと連携ができるAviUtlというフリーの動画編集ソフトがありますが、自分には使いこなすのは難しかったのでここでは省きます。

簡単な演出を作りたい時だけ、別の編集ソフト使ってその部分だけ作って差し込んだりしています。

素材はニコニココモンズからがメイン

背景やBGMなどの素材は主にニコニココモンズから引っ張て来ています。単純に素材の種類が多く、メインに使うサイトを決めておくと管理がしやすいからですね。

後は、イラスト屋、効果音などの素材を各地で探してくる感じです。

いよいよ動画の制作へ

編集ソフトと素材を用意したら、いよいよ動画制作へ入っていきます。ゆっくり解説系の主な動画枠構成は、背景・セリフ枠・キャラクター・BGM・効果音です。BGMや効果音については制作中に雰囲気を考えながら後から探しても良いかもしれません。

先に作っておいた台本を用意して、コピペでセリフを張り付けていきます。最初に台本を作っておくとコレが出来るので、動画制作が楽になります。

あとは、セリフを張り付けながら。演出をつけていったり漏れていた部分を補足していったりなどをして、動画を作っていきます。

この辺りは自分の好きな動画などを分析して身に着けていきましょう。最初は中々イメージができないと思いますが、試行錯誤は創作の醍醐味ですのでしんどいですが大事。超大事。

いざ、投稿

動画が完成したら、いよいよYouTubeなりニコニコ動画なりメインに活動したい媒体に投稿しましょう。時間が立つとほんとにこんな動画で良いのか?と疑念が浮かんでしまうので、テスト再生をしたら達成感がある内に投稿してしまうのがおすすめ。

創作は世に出さないと意味がありません。最初は全く再生されないでしょうが、少しづつ改善を繰り返して面白い動画を作っていきましょう。

他にもサムネイルや、チャンネルの設定などがありますが、その辺りの事は別の記事で書こう思います。

まとめ

今回は自分の備忘録として、どうやって動画を作っているかも記事にさせていただきました。まだまだ、動画を作り始めて日が浅いので、中々面白い動画を作るのは難しいなーといった感じですが何かの参考になれば幸いです。