読みやすい文章を書くための5つの法則

おはようございます。はんざきです。@hanzaki082

最近ブログを運営してきて数十記事も書いてきていると、記事のパターンというか文字の運び方がパターン化されてきていると感じます。

慣れてきたということなんでしょうが、惰性で書いても仕方ないので改めて読者に寄り添えるように記事を書いていこうと思う。

では、改めて今回は、読みやすい文章を書くための7つの法則について解説していきます。ブログに限らずWEBメディアというのは分かりやすさが肝心。

文章は短い方が良い

同じことを伝えるのに、だらだらとあーでもない、こーでもないで結論に持っていくよりは、ずばっと結論を言ってしまう方が明瞭でなおかつ爽快感がある。

しかし、感情的なセールストークで訴えるのか、理性的に訴えるかで文章量は変わるし。なにより主題に対して文章の目的が合致していなければ、読者に無駄な時間を取らせたと思われてしまう。

余計な脱線をなるべくせず、重要な点を逃さず書き記して読者に飽きさせないようにしよう。

一文を明確にする

一文の構造を短くシンプルにまとめること、主語をはっきりさせて述語を出来るだけ近づける。

ややこしい言い回しはさけて、日常で使うような言い回しを使用して誤解を生まない表現を心掛けよう。また、指示語である「こそあど」の多用は控えましょう

内容を正確にする

WEBライティングの仕事は良質な記事を書くことです。なのでせっかく良い文を書いても内容が間違っていれば意味が無くなってしまいます。うろ覚えのままの知識・数値なのはしっかりとリサーチをしておきましょう。

難しい言葉を多用しない

普段見ないような難しい漢字や、言い回しなどは理解を妨げる可能性があるので避けた方が良いでしょう。出来るだけ日常で使うような言葉遣いで文章を書くと理解しやすく、親しみやすさを上がると思います。

論理を用いた文章展開に

分かりやすいと同様に、論理的な文章構成にすることで読者が理解しやすい文章にしましょう。論理的に文章を書くにはPREP法や5w1hなどのひな型を用いると書きやすくなります。