やる気が出ないときの簡単アウトプット

2020年12月31日

おはようございます。はんざきです。

今回は、する気があるのに動けないめんどくさがりや、仕事疲れてるけど行動しないとモヤモヤするっていう方におススメなアウトプット方法を紹介していこうと思います。

どれも手軽にものなのでぜひ参考にして貰えると幸いです。

SNSで発信する

個人に限らずですが、今ビジネスや何かを始めようと思っているのならSNSでのアウトプットは一番におすすめします。特にツイッターの運用が良いですね。

ツイッターなら最大でも140文字までした一度にツイートできないので、考える時間がそこまで取らないですし、140文字で伝わる内容しないといけないので要約力が高まります。

なにより他のビジネスの方たちとのフォロアーが増えれば、後々何らかの仕事であったりとか、趣味の仲間が増えたりと良いことも多いのでぜひやっておきましょう。

一人トークをする

これはちょっと慣れるまでは恥ずかしいかもしれませんが、スマートフォンなどのカメラを使って一人で話してみましょう。そう、YouTuberみたいに。

内容は何でもいいですが、何を誰に、どうように伝えたいのかを意識してやることが大事です。友達でも良いし、恋人・家族でも、なんなら自分自身でも良いでしょう。

日記のように感情をだすこともアウトプットになりますし、セミナー形式でも課題に対する思考力が高まると思います。

一週間後の自分にメールをする

人間は忘れる生き物なので、一日の終わりにその日学んだことや、感じたことをあえて一週間後の自分にメールを送ってみましょう。

人間の脳は2週間に3回以上使った情報は長期的に記憶されるようです。一週間に一回のメールでは足らないかもしれませんが、復習がてらにやってみると案外面白いかもしれません。

まとめ

毎日仕事をしていると、どんな仕事でも疲れてきてしまうのが人間です。休むことも大事ですが多少しんどくてもコツコツとアウトプットを繰り返さないと成長はできません。

ですがアウトプットが重くなってしまうと続かないので、無理しすぎない範囲で少しずつ成長を繰り返していきましょう。