Nimbus ScreenshotというChrome拡張機能が便利

2020年10月29日

おはようございます。はんざきです。

ブログを書くときにWEBサービスの紹介や、ツールの使い方みたいな記事を書こうと思っています

そのときにいちいちスクリーンショットを撮って、フォトショップに張り付けて修正するのは意外とめんどくさい

オンラインで出来ないのかと、調べたらChromeの拡張機能に【Nimbus Screenshot & Screen Video Recorder】という便利なものがあったので紹介します

【Nimbus Screenshot】の導入

【Nimbus Screenshot】はChromeの拡張機能なので、まずはChromeウェブストアにアクセスします

Nimbus Screenshot & Screen Video Recorder : クローム拡張機能

ウェブストアに移動したら、右上に【Chromeに追加】というボタンをクリックしてブラウザに追加します

Chromeに追加されるとブラウザの右上に【N】のアイコンが追加されていればOKです

Nimbus Screenshotの使い方

Nimbus Screenshotには9つのキャプチャモードがあります

  • ページの可視部分
  • キャプチャフラグメント
  • 選択したエリア
  • 選択&スクロール
  • ページ全体
  • Delayed screen
  • 白紙の画面
  • ブラウザウィンドウ
  • Record Video

ここから、各機能の具体的な使い方を解説していきます

ページの可視部分

ブラウザに表示されている範囲をキャプチャします

キャプチャフラグメント

フラグメントは破片・断片という意味で、WEBサイトのブロック用で囲まれた部分をキャプチャすることができます

HTMLを触ったことがある方は、一回使ってみたらわかると思います

選択したエリア

カーソルポイントが拡大表示されるので、ドラッグして選択した範囲をキャプチャできます。

選択&スクロール

上記と同じく、選択した範囲をキャプチャできますが、こっちは見えていない部分までスクロールして選択できます

ページ全体

文字通り、上から下まで、ページ全体をキャプチャできます

Delayed screen

タイマー機能でカウントダウン後にキャプチャします

白紙の画面

キャプチャした画像をドロップして、注釈を入れたりします

ブラウザウィンドウ

ブラウザ上以外の枠外の部分も含め、キャプチャします

Record Video

キャプチャーを動画で撮影できます

これはかなり使い勝手良く、撮影したあと編集もできます