ブログ初心者が最初に気にするべきSEO記事対策

おはようございます。はんざきです。

まだまだ初心者ですがブログを運営するにあたって、SEOを意識した記事を書けるように模索しています。

SEO記事を書くことはブログのアクセス数・ブログからの収益をあげるために必要です。

そもそもSEO記事とは?

SEOとは「Search Engine Optimization」のWEBマーケティング用語の略語となります。日本語で検索エンジン最適化という意味なようです。

検索エンジンは「Google」「Yahoo」などにある機能で、ここからキーワードを検索して、関連したWEBサイトを表示することができます。これらのエンジンの検索結果のTOPに自身のコンテンツを表示させることがSEO記事の目的になります。

自身のコンテンツをTOPに表示させることによって、多くの読者にアクセスしてもらうことがメディアの利益に繋がるからですね。

具体的なSEO対策

SEO対策には数多くの方法がありますが、その中で一番大事な要素は読者の為になる情報を提供することです。

ブログなどの文字媒体のメディアは読者が能動的に、調べたい事柄・悩みの解決などを検索してくるので、読者に寄り添った記事を書く必要があります。これはGoogleからの評価もそのような動きになっています。

では、どのように読者の悩みに沿った記事を書けるのかを具体的に書いていきます。

キーワードを調べる

読者の悩みを調べる方法の中でポピュラーなのは、読者がどういうキーワードを検索しているのかを調べることです。検索された件数が多いほどニーズがあるので、そのような検索数が多いキーワードを調べていきましょう。

ただし、あまりに大きすぎるビッグキーワードだと、ライバルが多くなるので気を付けましょう。

ちなみにキーワードを調べられるWEBサービスがいくつかあるので紹介します。

ラッコキーワード

キーワード検索数 チェックツール

Googleキーワードプランナー

goodkeyword

読者像の設定をする

記事の内容を読者に寄り添うには、情報を提供するターゲットの設定をしましょう。

WEBマーケティングでは「ペルソナ」がありますが、ある程度慣れていないと難しいです。

あまり細かく設定せず、「20代の女性」「30代男性のサラリーマン」などの大まかなターゲットの設定位にしておきましょう。

ターゲットを定めることによって、より記事の内容を具体的に心に訴えた記事にすることができます。

アウトラインを制作する

本文を執筆する前に、どのような構成の記事にするかの骨組みを作っていきます。

構成はPREP法やコピーライティングなどのテンプレートに沿って、仮組すると説得力のある内容になります。

Googleエンジンのアップデートで「BERTアップデート」があります。内容的には「検索意図を読んだ、価値のある文章」が評価の基準になっています。

独自性の追加

WEBライティングは、ネットや他の媒体などで調べたことをまとめることで記事ができます。ですが、よりオリジナリティのある記事にするには自身の経験や考えなども併せて発信するといいでしょう。

生の体験談があることで、読者からの信頼も得やすくなりますし、自身のブランディングにも繋がります。

また「自分にはそんな経験がないよ」という方は、同じような経験をしていないか知人に聞いてみたりするのも良いですね、後はクラウドソーシングなどでアンケートを取ってみるのもありですね。

まとめ

SEO記事は奥深く、うまく出来たと思う記事でも中々評価されないこともあります。

WEBビジネスは長い目で見ていくことが大事ですので、Googleアナリティクスなどで分析して足りない情報を加えたりなど、記事をアップデートしていきましょう。

ブログは記事同士の相乗効果で順位があがったりもするので、そもそもの記事数が少ない場合は記事数を増やしていくことに注力することも大事です。